サブウーファーを取付けしたけど低音がいまいち

よくある悩ましい事例
この記事は約3分で読めます。

サブウーファーを設置したのに思っていたより低音が出ていない。しかも後ろから聞こえてくるし、フロントとの音とも遅れて聞こえて気持ちが悪い、しまいには、サブウーファーってこんなに低音が鳴らないものなの?これならサブウーファーなんて設置しなければよかった。

これは私がカーオーディオに対する知識が全く無いときに、率直にそう思った感想です。

音の理想は、あたかも自分の目の前に演奏者がいる、これが一番ではないでしょうか。サブウーファーの調整については、低音は耳が鈍感なのでミッドやツイーターとは違い、比較的簡単に調整することができてしまいます。

→サブウーファーのクロスオーバーの調整についてはコチラ

とはいえ、知識が全く無いままサブウーファーを取付けると、あまりにも理想とかけ離れた音になるので、取付けたことを後悔してしまう人も。

サブウーファーは本当に簡単な調整をするだけで必ずといっていいほどよくなります。調整が簡単すぎるので紹介と言えるほどではありませんが、私がいつも行っている調整方法お伝えします。

サブウーファーの簡単な調整で、フロントの音と一体感が生まれ、さらにキック音にパンチ力が加わり、音の基礎をよくすることで、音が全体的にこれまでとは確実に激変しますよ!

サブウーファーの位相を反転させる

サブウーファーの音が前から聞こえない場合のほどんどが、位相が反転してしまっています。こうなると、フロントスピーカーとサブウーファーの音が打ち消し合っているので、聞こえない状況を作り出してしまっているのです。

改善させるには、サブウーファーの位相を切り替えるのが手っ取り早いです。デッキの設定の項目にphase、normal・reverseとか0°・180°のような表記がどこかで見かけると思います。もしデッキに位相切り替えがない場合はアンプをご覧になってください。ほとんどの機種で位相の切り替えスイッチがついています。

切り替えてしっかりサブウーファーの音が出る方に合わせます。アンプがトランクにあって切り替えのために一回一回乗ったり降りたりできないよ、という方については、どなたかに手伝ってもらいます。

切り替えても音の変化がわからない・・・もしかするとそんなこともあると思います。必ず変わっていますので神経を集中させて何回も聴き比べて見てください。

どうしても分からない。そんな場合は、オーディオを知らない人に聴いてもらうのもいいかもしれません。案外音の変化に気付いてくれます。

それでは肝心の音はどう変化するのか・・・

ベースやドラムが今までぼやけて聴こえていたものが、輪郭がハッキリと聞こえてきます。サブウーファーの調整は一番簡単です。これから難しいミッド、ツイーターの調整をしていくのですから、調整していい音を見つけられるように練習しておくと良いと思います。

コメント